妊活するなら排卵検査薬代は割り切って

「妊活は基礎体温に縛られすぎるとよくない」と言いますよね。その言葉の意味は、排卵検査薬を使うようになってからわかりました。

私はそれほどまでには、正確に基礎体温がでないのにも関わらず、妊活をはじめてから基礎体温のことばかりを気にしてしまって、そしてあまり正確ではない基礎体温なのにも関わらず、「絶対ここが排卵日!ここで子作りするぞ!」と、旦那に子作りをけしかけていたので、申し訳なかったなぁーと思っています。

後に、排卵検査薬を使って排卵日を知るようになって、自分の基礎体温から予想される排卵日と、排卵検査薬でわかった排卵日とでは、結構な違いがあってびっくりしました。そして排卵検査薬ってわりと正確ですからね。不妊外来でみてもらった排卵日と、排卵検査薬が反応した日(つまり排卵日)はピタリと重なっていますから。

ですから、家計の節約のために基礎体温をつけるのもいいですけれど、夫婦仲を良好に保つためには、もう排卵検査薬に頼ってしまっていいと思うのですよね。排卵検査薬は「ちょっと高いなー」と思うような金額ですけれど、しかし不妊外来の診察料に比べたら、それほど高くはないと言えるでしょう。

不妊外来に通っていますと、金銭感覚が麻痺してきてしまうところがありますけれど、そこから思ってみてみれば、排卵検査薬の金額なんてかわいいものに思えますなら。

メーカーから出ている各排卵検査薬によって価格は多少違いますけれど、ざっくり言って千円前後ぐらいですから、不妊外来での治療を思ってみれば安いものです。

妊娠初期 葉酸サプリ おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です