ニキビ予防は洗顔は正しい?

ニキビができる原因というのは、顔にかく汗が毛穴に溜まってそれが老廃物となってしまうといった考え方が一般的でしょう。
だから、ニキビを予防する上で大切なのはしっかり汗や汚れを洗顔で洗い流すことである!とお考えではありませんか?
それは、決して間違った考え方ではありません。
しかし、洗顔によって逆にニキビを増やしてしまうということがあります。

間違った洗顔方法によってニキビを増やしてしまっては、せっかくの予防のつもりなのに何の意味もないですよね?
だからしっかり正しい洗顔方法を学びましょう。

洗顔用の石鹸は、ボディソープに比べて洗浄力がとても高いです。
それはつまり、皮脂をボディソープよりも多く取り除く効果があります。
ニキビ対策用などは特にそうなっていると思います。
その洗浄力が顔の頑固な汚れをしっかり洗い流してくれることに間違いはないのですが、実はその洗浄力によって大事なものも流れているのです。

それは、体の必要最低限の皮脂です。
少しの油というのはニキビを増やさない上で必要なのです。
なぜなら、顔にとって保湿というのはとても大切なことで、皮脂を取り除いてしまうと保湿の効力を肌が失ってしまうのです。

だから、そんな保湿を逃さないようにあまり洗いすぎないようにしてください。
1日に何度も洗ったり、または石鹸で長時間肌をパックするように置いておいたりしてはいけないのです。
そういったことを注意すれば、きっとニキビのない綺麗な肌に近づけますよ。

プラクネを最安値でほしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です