クレンジング選びでこだわるべきポイントと種類ごとの特徴とは?

美肌を作る時に重要なのがスキンケアです。特にクレンジングはメイクを落とすためのアイテムですが、メイクの濃さや肌の状態まで考えて選ばなければ肌トラブルの原因になってしまうため注意が必要となります。肌トラブルを予防するためには、クレンジング選びが重要です。

クレンジングを選ぶ時にこだわるべきポイントは、肌にあまり負担がかからないものを選んでいきます。選ぶためには、クレンジングの種類と特徴を知ることで、自分に合ったものを選ぶことができます。

代表的な種類としてはまずオイルが挙げられます。メイクは油性ですので、同じく油性のオイルタイプはメイクなじみがよくしっかりメイクやバッチリメイクでも落とすことができるという特徴があります。ただし、洗浄力が強いため必要な皮脂まで落としてしまうというデメリットがあります。

リキッドタイプは水分をベースにしたさっぱりとした使い心地が特徴のタイプです。ベタつきやヌルつきが少なく肌への刺激が少ない他、肌を潤す化粧水の役目も果たします。デメリットとしては、界面活性剤がたくさん使われているため肌の角質層に負担をかけてしまい肌の乾燥の原因になったり、コットンにつけて拭き取るため摩擦が生じてシミなどのトラブルの原因になります。

ジェルタイプは弾力のあるテクスチャーが特徴です。ジェル状のテクスチャーが肌の摩擦を抑える効果があり、使い心地もさっぱりしているため、さっぱりした洗い心地が好みの人に向いてます。洗浄力が強い分だけ、刺激も強めになる傾向があります。また、水溶性タイプのものはポイントメイクなどが落ちにくいため、専用のクレンジングと併用する必要があります。

ミルクタイプは滑らかで洗浄力が弱いというのが特徴です。必要な皮脂を落としすぎず、肌への刺激が少ないため乾燥に悩んでいる人にオススメです。
ただし、洗浄力が弱いためメイクが落とし綺麗ないこともあるため、目元や口元の落としにくい部分は別のタイプと併用することでメイクを落としていきます。

黒ずみすっきり!毛穴の汚れを落とすクレンジング紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です