季節によって変えたいニキビケア方法とは

季節によって肌の状態が変わるので、ニキビができにくい肌を作るためには季節ごとに違ったケア方法を行う必要があります。

春は寒暖の差が激しく進学や就職など新しい環境になったことで自律神経が乱れやすいです。
自律神経が乱れるとニキビなどの肌荒れも起こしやすいので、生活リズムを崩さないように注意します。
スキンケアでは花粉や黄砂などが肌のバリア機能を低下させるので、刺激の少ないクレンジング料で汚れを落とします。

夏は皮脂の分泌が活発になりやすく、ニキビができやすいです。
毛穴を引き締めて皮脂の過剰分泌を防ぐ収れん化粧水を使うと良いです。
乳液やクリームも油分が多くベタベタしたものは適しておらず、なるべくテクスチャーの軽い物を選びます。
紫外線の量が多い時期なので美白成分も配合していると美肌に近づきやすくなります。

秋も季節の変わり目で自律神経が乱れやすいです。
気温が下がり始めたことで肌がピリピリ痛むこともあります。
厳しい夏により肌は疲労を抱え込んでおり、乾燥の影響も受けやすくなっています。
秋は初めて使うスキンケア商品を試すと肌トラブルを起こすことがあります。ニキビに効果的と宣伝していても、使ったことのない商品を秋に試すのは控えます。
使い慣れているスキンケア用品で敏感になった肌を保護し、半身浴などで血行を良くすると冬に備えることができます。

冬は最も乾燥しやすい季節で大人ニキビには要注意です。
保湿力の高いスキンケアで徹底的に肌を潤わせます。
室内の湿度は50%~60%が理想的なので加湿器で湿度を上げます。
冬の乾燥肌を放置すると大人ニキビができるだけでなく、肌に不要な角質を蓄積させてしまいます。

春になってごわついた肌を柔らかくするためにピーリングを行わなければなりません。
しかしピーリングの刺激がニキビの原因になることも多いため、春はできるだけシンプルなスキンケアで済ませられるように冬の乾燥対策をしっかり行います。

背中のブツブツをきれいに治すクリーム|それって背中ニキビかも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です