転職活動する際、改めて知った貯金の大切さ

“転職活動する際、必要なものはいくつもあると思いますが、その一つが「貯金」です。

会社を辞める際、すぐ次の会社が決まっていれば良いですが、うまく行かない事も多いでしょう。まずはハローワークに行って、手続きをしつつ、転職活動をする。早く決めたい気持ちはあるが、焦って決めて失敗はしたくない。そんな時、貯金の有無は気持ちの余裕に大きな差が出ます。

貯金があれば、一人暮らしの場合はそのまま継続しつつその地域で探すこともできます。継続できない場合は、まず親元に帰るなど、住居の確保から始めないといけません。これではすぐ転職活動を行うことができません。
また、転職サイトに登録してもすぐ良い会社を紹介してもらえるとは限りません。審査、面接も一回ではすまないでしょう。最初に紹介してもらってから実際働くまで、さらに働いた分の給料が手元に入るまでには時間がかかります。その時までどれだけかかるかは縁しだいなのです。
しかし、焦って条件面で譲歩して窓口を広げすぎると、入社してからこんなはずではなかった。と後悔することになりかねません。

失業保険もありますが、勤続期間によっては受給できなかったり、自己都合退職の場合は3か月の給付制限期間という制度があり、基本はその期間を過ぎないと受給できないようになっているため、失業保険があるからと当てにしていると、なかなか受給できず困ってしまうでしょう。

実際、私も会社を辞めた際、次の会社が決まっていなかったので、「定期的な収入がない不安感」をそこで改めて感じました。ただ、貯金はある程度あったので、少し時間がかかっても大丈夫かなという楽観的な考えを持つこともできました。幸運な事に割とすぐハローワークで希望の職を見つけることが出来、就職もすんなり決まりましたが、これが、貯金がない場合はもっと焦っていたでしょう。

昨今、色々な税金も上がっていて貯金も難しい状況があるでしょう。しかし、もしもの時の為に「ある程度の貯金」は常に持っておくことをお勧めします。”

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です