30歳の転職は人生を見直すチャンス

新卒で4年程働いてから次の企業にスムーズに入社出来たのは良かったのですが、労働環境が過酷過ぎたことから転職を考えました。
2社目は医療業界で、分包機など調剤業務を支援する機械やシステムを製造、販売している会社です。
システム部で病院向け自社システム導入に伴う受注やパソコンのセットアップの管理業務を行っていたのですが、全国にいる営業150人を私が所属していた管理課6人で対応しなければなりませんでした。
従業員数1,300人の大きい規模のせいか、仕事や情報の交通整備が全く整っていません。
一人当りの仕事量が膨大すぎる上、平日日中は営業からの問い合わせ対応やパソコンの修理手配などで手を取られ、通常業務は残業、休日出勤をして何とかこなす状態のため、非常に拘束時間が長かったです。
欠員、増員するにも26歳未満の第二新卒が募集の条件であったため、応募の気配がなく、このままでは何も改善のないまま、家族との時間取れないので、転職を決意しました。
人がいない中での会社を去るため、在職中の転職活動は不可能でした。
転職活動を始める際は以前お世話になっていた転職エージェントの担当者に相談し、30歳男性で事務職の求人を探してもらいました。
求人数は営業などに比べれば少なく、求人探しに苦労するだろうと心配してましたが、一番お世話になっていた転職エージェントからは途絶えることなく、希望に近い求人を紹介して頂きました。
面接へ何社か進みましたが、30歳の転職はやはり風当たりが厳しいことを感じました。
面接で志望理由を聞かれることはほとんどなく、転職理由と職務経歴をしっかりと説明出来ることが大切だと感じました。
その二つをきちんと理解してもらって、応募先での仕事内容の話になるのですが、面接官の年齢層が高く、仕事軸の話が中心で聞きたいことをあぶり出したら、もう用はないという感じでお見送りになることが多かったです。
中々内定をもらえなかったのですが、最終的には物流業界では大手の企業に紹介予定派遣として入社することが出来ました。
年収は下がりますが、2,3年で取り戻せそうな見込みですし、何より残業がほとんどないので、自分の時間をちゃんと取ることが出来ています。
求職期間は5ヶ月で、時間がかかったのですが、いろんな転職エージェントの方と話したり、日雇いのアルバイトで働いていたので、この転職活動をしていなければ見えなかった世界がたくさん見れたので、非常にいい経験になりました。
転職活動中はいろんなプレッシャーがあり、精神的に辛かったのですが、この経験をしたからには今の企業では骨を埋めるまで働こうと決心しております。

医師 転職 非常勤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です