妊娠中の過ごし方アドバイス

妊娠中はつわりが酷く、ご飯の匂いをかいだり、食べるとほんとに具合が悪くなってそうでなくてもずっと体調が悪かったりと毎日がほんとに憂鬱でした。そうすると外に出るのも嫌ですし、気持ちも落ち込んでしまいます。

その時は1日何分と決めて少しでも体が楽になった時に、外に出て散歩するようにしていました。あとは仲の良い友達や、旦那さんと会話をするようにしていました。そうすると気持ちも楽になって元気が出たり体調が少し良くなったりしました。家にこもり過ぎないようにしたり人と接触したほうが気持ちが落ち込みすぎるのを防ぐことが出来ます。

あと、私は唯一マクドナルドのポテトや、麺類はどうにか食べれたので、自分に食べれるものを見つけて、なるべく食べるようにし、足りない栄養をサプリで少しでも補えるようにしていました。食べれるものを見つけて少しでも食べることがお腹の赤ちゃんのためにも大切なことです。

家事は体調のいい時はなるべくして、体調が悪い時は無理せず旦那さんにお願いしていました。全くしないのではなく出来る時にするといったメリハリをつけたほうが気持ちが楽になりますし、旦那さんの協力も必要ということを伝えやすいと思います。

あとはネットで同じように大変な思いをしている人が沢山いるんだということがわかった時、私も頑張ろうという気持ちになったので、妊婦さんの交流サイトなどを見てみて同じように大変な思いをしている人が沢山いるということを知ると頑張れると思いますし、こういう時どうしたらいいかというアドバイスも沢山書いてあるので試してみるといいと思います。

妊娠前にはこれがおすすめ!葉酸サプリ紹介

クレンジング選びでこだわるべきポイントと種類ごとの特徴とは?

美肌を作る時に重要なのがスキンケアです。特にクレンジングはメイクを落とすためのアイテムですが、メイクの濃さや肌の状態まで考えて選ばなければ肌トラブルの原因になってしまうため注意が必要となります。肌トラブルを予防するためには、クレンジング選びが重要です。

クレンジングを選ぶ時にこだわるべきポイントは、肌にあまり負担がかからないものを選んでいきます。選ぶためには、クレンジングの種類と特徴を知ることで、自分に合ったものを選ぶことができます。

代表的な種類としてはまずオイルが挙げられます。メイクは油性ですので、同じく油性のオイルタイプはメイクなじみがよくしっかりメイクやバッチリメイクでも落とすことができるという特徴があります。ただし、洗浄力が強いため必要な皮脂まで落としてしまうというデメリットがあります。

リキッドタイプは水分をベースにしたさっぱりとした使い心地が特徴のタイプです。ベタつきやヌルつきが少なく肌への刺激が少ない他、肌を潤す化粧水の役目も果たします。デメリットとしては、界面活性剤がたくさん使われているため肌の角質層に負担をかけてしまい肌の乾燥の原因になったり、コットンにつけて拭き取るため摩擦が生じてシミなどのトラブルの原因になります。

ジェルタイプは弾力のあるテクスチャーが特徴です。ジェル状のテクスチャーが肌の摩擦を抑える効果があり、使い心地もさっぱりしているため、さっぱりした洗い心地が好みの人に向いてます。洗浄力が強い分だけ、刺激も強めになる傾向があります。また、水溶性タイプのものはポイントメイクなどが落ちにくいため、専用のクレンジングと併用する必要があります。

ミルクタイプは滑らかで洗浄力が弱いというのが特徴です。必要な皮脂を落としすぎず、肌への刺激が少ないため乾燥に悩んでいる人にオススメです。
ただし、洗浄力が弱いためメイクが落とし綺麗ないこともあるため、目元や口元の落としにくい部分は別のタイプと併用することでメイクを落としていきます。

黒ずみすっきり!毛穴の汚れを落とすクレンジング紹介

季節によって変えたいニキビケア方法とは

季節によって肌の状態が変わるので、ニキビができにくい肌を作るためには季節ごとに違ったケア方法を行う必要があります。

春は寒暖の差が激しく進学や就職など新しい環境になったことで自律神経が乱れやすいです。
自律神経が乱れるとニキビなどの肌荒れも起こしやすいので、生活リズムを崩さないように注意します。
スキンケアでは花粉や黄砂などが肌のバリア機能を低下させるので、刺激の少ないクレンジング料で汚れを落とします。

夏は皮脂の分泌が活発になりやすく、ニキビができやすいです。
毛穴を引き締めて皮脂の過剰分泌を防ぐ収れん化粧水を使うと良いです。
乳液やクリームも油分が多くベタベタしたものは適しておらず、なるべくテクスチャーの軽い物を選びます。
紫外線の量が多い時期なので美白成分も配合していると美肌に近づきやすくなります。

秋も季節の変わり目で自律神経が乱れやすいです。
気温が下がり始めたことで肌がピリピリ痛むこともあります。
厳しい夏により肌は疲労を抱え込んでおり、乾燥の影響も受けやすくなっています。
秋は初めて使うスキンケア商品を試すと肌トラブルを起こすことがあります。ニキビに効果的と宣伝していても、使ったことのない商品を秋に試すのは控えます。
使い慣れているスキンケア用品で敏感になった肌を保護し、半身浴などで血行を良くすると冬に備えることができます。

冬は最も乾燥しやすい季節で大人ニキビには要注意です。
保湿力の高いスキンケアで徹底的に肌を潤わせます。
室内の湿度は50%~60%が理想的なので加湿器で湿度を上げます。
冬の乾燥肌を放置すると大人ニキビができるだけでなく、肌に不要な角質を蓄積させてしまいます。

春になってごわついた肌を柔らかくするためにピーリングを行わなければなりません。
しかしピーリングの刺激がニキビの原因になることも多いため、春はできるだけシンプルなスキンケアで済ませられるように冬の乾燥対策をしっかり行います。

背中のブツブツをきれいに治すクリーム|それって背中ニキビかも!