転職で最も大事な事は生き方の追求です!

現在50代半ばの男性です。
4年生大学を卒業して現在に至るまでに三度転職を経験しています。
三回のタイミングは、均等な期間ではありません。
一回目は入社6年目、二度目は入社24年目、三度目はつい最近の事です。
最初の転職は、小企業運輸業から、世界的大企業製造業への転職でした。
二度目の転職は、長年勤めた製造業での経験をフルに活かして起業。
三度目の転職は、起業した会社を清算して、地方への移住した管理業。
それぞれに違う目的で、それぞれに違う業種で、それぞれに狙い通りの転職が実現できました。
どの転職タイミングに際しても言える事は、自然な流れで、狙いを絞って実現させたという事です。
転職というと、今の時代であっても、まだどこかネガティブなイメージを持たれる事が多いのではないかと思います。
しかも三度の転職を経験しているというと、忍耐力が無く、嫌な事から逃げていると思われるかもしれません。
それは全くの的外れです。
ポジティブに、むしろ挑戦的に転職したと言っても過言ではありません。
そこに転職の成功の秘訣があると思っています。
今の環境から逃げたいという想いの転職動機をお持ちの方もおられるでしょう。
事実、ポジティブな転職と言っても、現職を離れて次のステップに進むのですから、
捉え方によっては逃げていると考えられない事もありません。
私が申し上げたいのは、他人の目を気にしない事、これです。
他人から見てネガティブに見えても、自分にとっとポジティブだったら好いのではないでしょうか。
私は三度の転職全てで、ポジティブに行動したつもりです。
それは私の主観で、他者がどう思おうと関係無い事です。
自分の人生は自分で切り開くのですから。他人の人生を生きているのではないのです。
転職をすると、多くの人から「よく思いきったね!?」と言われました。
私自身は、全然思いきったと思っていません。自然に生きて、自然に行動しただけですから。
なのにこの様な発言を多々頂戴したというのは、世間の大多数の人達にとって、
転職は思いきらないとできない種類の行動だという事を示しています。
本当は思い切って今の仕事を辞めて転職したいのだけれど、色々な躊躇があってできない。
こういう種類の人達が多く存在しています。
ですから、「よく思いきったね!?」という多くの発言を聞く事になったのです。
この様に、希望があるのにできないと考えている潜在的転職希望者というのは、世の中に多く存在しています。
この種類の皆さんは転職してはいけません。
自分の人生の決断が付かないのであれば、次のステップに進んでも成功はおぼつかないからです。
というよりも、この種類の人達は、結局思っているだけで行動できないので、転職はしないのです。
転職した人は、転職する必然性があって、思った通りの行動ができる人たちです。
私もその一人と言えます。
転職するに際して、不安は当然あります。
その不安があるから、転職しない人たちは転職しないのです。
こういう風に考える人たちには、何かを変える事はできません。
転職を決意した人たち全てが何かを変える力をもっているとも言えません。
しかし、実際に行動を変えたのですから、可能性は秘めています。
この様に、転職という行為は、生き様や、変革能力にかかわって来ます。
最近webで、ある転職サイトのバナー広告を目にしました。
そこにはキャッチコピーとして、ネガティブな表現が使われていました。
今の職場で嫌な事があったのか、嫌な上司からパワハラがあったのか、
投げやりな言葉がコピーになっていて、転職を促していました。
最低なキャッチコピーだと思いました。
こんな気持ちで転職しても何も成功しません。
投げやりになりたい位に酷い職場や上司も世の中には存在しているでしょう。
しかし、だから投げやりになって辞めてやるというのは、私は違うと思っています。
それは遠因ですが、本質は貴方は何がしたいのですか?という事です。
そこに圧倒的な自らのモチベーションが無いのならば、転職はお薦めできません。
万が一どこかに就職できても、同じ理由で転職を考える羽目になりかねません。
そうやって、嫌な事から逃げるという癖をつけてしまうと、
その後の人生は全てその方向に行く可能性が高いのです。
逃げるのではなく、挑戦する事こそ、転職には相応しいと私は考えています。
その為に、どんな生き方をしたいのかと常に考えている事が重要です。
転職のポイントは、自らの確固とした生き様があるか無いか。
つまり、自分の生き方の追求だと思うのです。
そこだと私は思っています。

介護 転職 求人

転職活動する際、改めて知った貯金の大切さ

“転職活動する際、必要なものはいくつもあると思いますが、その一つが「貯金」です。

会社を辞める際、すぐ次の会社が決まっていれば良いですが、うまく行かない事も多いでしょう。まずはハローワークに行って、手続きをしつつ、転職活動をする。早く決めたい気持ちはあるが、焦って決めて失敗はしたくない。そんな時、貯金の有無は気持ちの余裕に大きな差が出ます。

貯金があれば、一人暮らしの場合はそのまま継続しつつその地域で探すこともできます。継続できない場合は、まず親元に帰るなど、住居の確保から始めないといけません。これではすぐ転職活動を行うことができません。
また、転職サイトに登録してもすぐ良い会社を紹介してもらえるとは限りません。審査、面接も一回ではすまないでしょう。最初に紹介してもらってから実際働くまで、さらに働いた分の給料が手元に入るまでには時間がかかります。その時までどれだけかかるかは縁しだいなのです。
しかし、焦って条件面で譲歩して窓口を広げすぎると、入社してからこんなはずではなかった。と後悔することになりかねません。

失業保険もありますが、勤続期間によっては受給できなかったり、自己都合退職の場合は3か月の給付制限期間という制度があり、基本はその期間を過ぎないと受給できないようになっているため、失業保険があるからと当てにしていると、なかなか受給できず困ってしまうでしょう。

実際、私も会社を辞めた際、次の会社が決まっていなかったので、「定期的な収入がない不安感」をそこで改めて感じました。ただ、貯金はある程度あったので、少し時間がかかっても大丈夫かなという楽観的な考えを持つこともできました。幸運な事に割とすぐハローワークで希望の職を見つけることが出来、就職もすんなり決まりましたが、これが、貯金がない場合はもっと焦っていたでしょう。

昨今、色々な税金も上がっていて貯金も難しい状況があるでしょう。しかし、もしもの時の為に「ある程度の貯金」は常に持っておくことをお勧めします。”

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉

梅雨が明けてそろそろ夏ですが、クーラーはどうしています?」

今年は梅雨が明けても雨が結構ふっていてまだ朝方は寒いのですが、さすがにそろそろ全体的に気温が上がってきましたね。

朝は問題ないんですが、お昼前ぐらいからクーラーをつけないと厳しくなってきました。

職場も節電対策をまだ続けていてクーラーや不必要な電灯は消しているんですが暑くなると作業効率も悪くなるのでそうそう消してもいられません。

ただ、クーラーをつけたら付けたで冷え性の私は寒くてしょうがなくなるのですが・・・

夏バテ対策もそうですが、冷え性対策でちょっと前まで養命酒を飲んでいました。

でも、あれって一応お酒で寝る前に飲むのはあまりよろしくないと聞いたのでちょうど切れたタイミングで酵素ドリンクに切り替えました。

これなら、寝る前に飲んでも大丈夫でしょう。

ところで、酵素って何でしょうね?

まあ、健康にいいというなら飲みますが・・・・

酵素、ヨーグルトや納豆は発酵食品ですから違うのかなと調べてみたら一応近い所にあるようです。

酵素ドリンクの作り方は数種類、場合によっては週十種類の野菜や果物、キノコなどをまとめて発酵させて期間はそれぞれですが、長いものだと3年ぐらいおいておいて元の材料を分解して作るということです。

手間がかかってるんですね。ジッテプラス

不利な事を伝え続けるジャーナリストに注目を!

“最近のニュースというか、日本のニュースは事故報道が多すぎる気がします。
あと、海外のニュース(特に政治経済)も少ないです。
例えば、BSニュースを見ていると、海外のニュースは少なくても3割ほど入っています。
あと「報道の中立」に極端にとらわれ過ぎていて「報道しない」という結果に落ち着いている気がします。
ではなく「両方報道する」が良いと思います。
例えば、前回の参院選の朝、テレビを見ていたら「参院選」というワードがほぼなかったです。
衆院選より興味はないかもしれませんが、参院選も国政に影響する選挙です。
ヤフーニュースでいうと、コメントはヘイト気味な部分もありますが、みんなの政治などのコンテンツは素晴らしいと思います。
報道機関としてのプライドがあるなら、その報道機関がどのような考えで執筆をしているかを明確にしても良いと思います。
偏っていても良いと思います。
たぶん、プロパガンダ的になってしまう報道機関もあると思います。
景気が悪いときは、都合の悪いの悪い真実より、都合の良い嘘に人々は注目します。
それは、過去の報道や歴史が証明しています。
そして、わかりやすく解説ができるジャーナリストにしっかりと報酬を払ってほしいです。
無料で情報が手に入る世の中ではありますが、自分たちに不利な事を根気強く叫び続けているジャーナリストほど、未来を見据えているのではないか?と思います。”
キュアペット 激安