車の点検

車を毎日運転している人は多いと思います。

この車の点検をして車を運転している人がどれだけいるのでしょうか?私も点検していないのですが、一歩間違えたら命を落とす可能性もあるのです。これは、例えば高速道路を走行中にタイヤがバーストしてハンドル操作が出来なくて中央分離帯などに激突して事故に遭う。など様々な要因で事故に繋がる可能性があることを頭に入れておかなくては運転する資格がないのです。しかし、車を気軽に点検することはできるのでしょうか?

先ず車の点検で思い出すのが車検です。これは手軽に点検できません。二年に一度もしくは一年に一度国の指定された場所で受ける必要があります。

続いて、ディーラー等で購入すると一カ月点検や半年点検及び一年点検などがあります。これは無料の場合もありますが、多くはお金が掛かります。これらは点検を自己の判断で受ける受けないを決めることができます。ここは出来るだけ受けたほうがいいでしょう。ですが、金銭的に余裕があるかたや車を大事に乗りたいひとは点検に出して車の調子をみてもらいましょう。

もっと手軽に点検してもらえるところは、ガソリンスタンドやカー用品などで、オイル交換する場合ときに無料で点検してもらえます。点検箇所は、オイルの漏れや汚れ、タイヤの空気圧や溝の有り無し、バッテリーの電圧、ワイパーゴムの劣化など、そのショップなどによって違いはあります。オイル交換時は無料点検をしてもらいましょう。これは手軽に無料ですから簡単にできますし、自分より車に詳しい人に点検してもらえて、無料なのでお得です。

最後は、できるところは自分で点検する。
タイヤの空気圧は目で見て減っていないか?
タイヤの溝が減ってないか?
ワイパーのゴムは使っていてきれいに拭き取れているか?
オイルの点検はオイルの残量や汚れは大丈夫か?などなど車に乗る前に点検してみましょう。

オリゴロジック 店舗

就職活動では面接がとても緊張しました

就職をやって大変な事は「面接」ですね。面接になると何よりもかなり緊張をします。「服装はキチンとしているか」や「面接ではちゃんと受け答えが出来るか」など、面接では色々な不安要素があります。私は東京での就職面接をやっていたのですが、出身は茨城です。なので東京の面接に行く時は、始発くらいの電車に乗る時もありましたし、何より迷子になるのが心配でした。東京はとても広いです。田舎者の私からしたら東京の駅から出るのでも苦労しました。田舎だと駅の出口は1つや2つだったのですが、東京の駅だと出口が10個近くあるので、どの出口から良いのかを迷う事が多かったです。
そして駅から出た後は地図と、にらめっこです。東京はお店が密集しているせいで地図が見にくくて、面接場所に辿り着くのに苦労しました。
私は方向音痴なので、面接場所に遅れて着いてしまった事や、面接場所を見つけられなかった事などもありました。
このように私からしたら、まず面接場所に時間通りに辿り着けるかが最初の難関でした。
そして面接場所に着いたら、次の難関は面接です。私は面接がとても苦手でした。面接では笑顔を作らないと減点なのですが、私の場合は緊張のあまり笑顔は全然できませんでした。そして面接中はとてもソワソワしてしまうので、落ち着きが無いふうに面接官の方にとられてしまう事がたくさんありました。
笑顔も出来ないしソワソワするし受け答えも出来ないので、内定は1つも貰えませんでした。

マイナビ 就活 Meets Company 大学生 無料