いびきをかく人は、良い睡眠を得られていない

私は、「安眠」とは何かと考えた時、すぐに思いつくのが「質の良い睡眠」です。質の良い睡眠には、脳の安静が必要で、酸素量や健康状態でも影響します。不眠症は、眠れない状態のことを指しますが、眠りが浅いことで、不眠症になる方も少なくありません。

私の父は、毎日すごく大きな音のいびきをかいていました。朝、目覚めると、「昨日の疲れが取れない」と言うので、様々なサプリメントを飲みましたが、効果がありませんでした。ある日、枕を変えて、頭の向きを変えて寝てみると、いびきをかかず、朝までぐっすり眠ったようでした。母が、「死んでいるんじゃないかと思った」と言ったのを聞いて、家族みんなが笑ったのが、印象的でした。父は、「何日かぶりでぐっすり眠れた」と話しました。

いびきをかく人は、酸素量が少ないので、脳の安静が完全ではなく、疲れが取れないのだと思いました。そこで、考えたのは、頭の向きです。身体ごと横に向かせることで、いびきは防げるようになりました。

睡眠は、身体の疲れを取るために必要です。しっかり、良い睡眠をとって、翌日の健康につなげたいです。いびきは、うるさいもの、というだけではなく、健康も害するものだということを知りました。
ナステント 効果

こたつ寝で、プチ不眠症

私は、毎年冬になると恒例行事のように、こたつに寝てしまう変な習慣があります。もちろん、自分の意思なので変えることは出来ると思いますが、ついついこたつの誘惑に負けてしまうのです。

だいたい、夕御飯を食べてお腹が一杯になって来ると、ついうとうとしてちょっとだけならと思って寝てしまいます。

そして、そのちょっとが酷い時だと深夜の1時位まで寝てしまって、慌ててお風呂に入りまた布団に入ります。

でも、先程までこたつに寝ていたので眠れるわけがありません。それで、何となく時間が過ぎて朝になって仕事に行きます。

今夜こそは、絶対こたつには寝ないと自分に言い聞かせながら、また夜を迎えるのですが同じことを繰り返してしまいます。

こんなことをしていると、当然健康に良いわけがないし、寝るべき時間帯に眠れないので一種の不眠症のような状態になります。

きちんとした睡眠を取れていないので、精神状態も良くない感じになって、何となくイライラしたり人を嫌いになったりして、何も良いことがありません。

私のこたつ寝は、心と体の不健康を招いて不眠症のようになっているので、これを完全に断ち切るためには最終手段として、冬のこたつを止めてしまうのが良いのかも知れません。
サプリメント

寝る時の室温に気を付けています

わたしもですが、私の配偶者も眠りの質には、うるさい方です。

特に配偶者はもともと性格が神経質でねむりに関しては特にその質を大切にしたいと考えているようです。

そのためにこれまでに行ってきたことは数知れず。布団を低反発のものにする、枕の高さはオーダーメイドで作るなど。

健康食品も青汁から休息サプリメントまで。

また室内には湿度計、温度計を置き常にチェックをしています。配偶者の考えでは眠りの質は、健康にすべて通じると考えているので、もしも眠りの質が悪くなったら、病気になりやすくなる、風邪をひきやすくなると影響が出るようです。

私はそこまで神経質ではありませんが、やはり睡眠の質は大切だと考えています。また鼻が悪い私たち。鼻が悪いと寝るときに自然と口を開けてしまいます。

口をあけるとウィルスなどがダイレクトに口に入ってくるので、病気になりやすくなりますよね。

また乾燥しているとのどへの影響がすぐに出てきてしまいます。そのために乾燥もとても重要なコントロールするポイントです。

湿度が高くなりすぎても寝苦しくなるし、寝る時の環境を整えることって凄く難しいなと感じています。

でも人間は人生の1/3近くを睡眠に費やしていますよね。そのため良い睡眠をとることやはり大切だと思って心掛けています。

常日頃から出来ることは…

私の健康に気を付けていることは、まず3食しっかり食べること。とは、言っても毎回バランス良くとはいきません。なので、朝食で不足したものを昼食で昼食で不足したものを夕食で…と思うのですが中々思うようにはいかず時に偏ることも。

そんな時は青汁、グッドナイト27000などで不足を補っています。

青汁は飲みにくいと言うのもわかりますが、私は青汁の粉末をヨーグルトに混ぜたりして飲むだけじゃなく食べることにも利用してます。
そして、肉より魚、野菜を多めにとるように気を付けています。どちらかと言えば和食中心になるように。また、ご飯には必ず雑穀を混ぜて炊いています。
もうひとつ健康に気を付けていることは、適度な運動とストレスを溜めないようにすることです。
適度な運動と言っても小さい子供が居るので中々思うようにはいきませんが、天気のいい日には子供をおんぶして自宅近くを1キロ~2キロ散歩したり、公園へ行き子供とボール遊びをしたりしています。
ストレスを溜めないように…と言うのは正直、難しいですが、イライラしたときはトイレに入ってブツブツと文句を並べて出てきたり、買い物に行った際にはお気に入りのヨーグルトやカフェラテなどを買って食べたり、飲んだりして息抜きをしています。

それでも、イライラが募るときは友達などに愚痴を聞いてもらったりしてスッキリさせるようにしてます。どこにでもありきたりの健康に気を付けることですが無理せず続けられることが1番かと思います。

 

栄養バランスを考えた食事

栄養バランスの取れた食事

同じものばかり食べ過ぎたり、あれはダメこれはダメと食べない食事はバランスが悪くなり、偏りが出ます。

以前、不眠症対策やダイエット対策でご飯のメニューを考えていましたがあまりにも手間がかかり、あとあまりおいしくなかったのでやめてしまいました。

バランスを欠けば体にも影響が出るのは当然のことだと実感しています。

炭水化物を極端に制限するダイエットなどは危険だと思います。

食事ぐらい制限なしに食べたいですよね。

糖尿病などで食餌療法が必要な場合でなければ、制限ばかりしてしまうとストレスになり食事を楽しめなくなります。

バランスを上手にとるには、五味五色を意識するとわかりやすくバランスが整うと思います。

五味は甘い、辛い、苦い、すっぱい、しょっぱいの5つの味です。

五色は青、赤、黄色、白、黒です。バラエティの豊かな味や色がそろっていれば、楽しんで食べられて満足感が得られると思います。

一食で全部そろえるのは難しい場合が多いかもしれませんが、1日や一週間など長いスパンでバランスをとればいいと思います。

難しく考えなくても、最近ちょっと偏っているなと感じたらその時に足りていないものを補うようにしていると自然にバランスが整い、体も整うものだと思います。

旬の素材を意識して食べていると、その時期に必要な栄養素が無理なくとれるので、自然というのは理にかなっているし、人間も自然とともに生きているんだなと感じます。

栄養素が足らないなと思ったら

とはいえ、足らない栄養素は出てくるのでそこらへんはサプリメントで補充しています。

私の場合は北の大地の夢しずくというサプリを夜寝る前に飲んだり、食後にDHCの栄養サプリを取っています。

いつの間にか過剰摂取している塩分に気を付けています

健康的な体への1歩は食事から

健康のために一番気を付けていることは、毎日の食事に使う調味料の量です。
「塩分」「糖分」「添加物」の3つを注意していますが、塩分の取り過ぎについては特に意識しています。

食事の量と質

食事の内容を充実させたいので、できるだけたくさんの食材を使用してバラエティ豊かな料理をしたいのですが、品数を増やせば増やすほど、そのたびに調味料を使って味付けをすることになります。
そのため、知らず知らずの間に塩分摂取量が増えてしまうのです。

せっかく良い食材を使っても、塩分などの過剰摂取が体に与える悪影響のほうが勝ってしまい、本末転倒です。

そういったことを防止するために、品数の多さばかりにこだわらず、栄養価の高い食材でシンプルな料理をするように心掛けています。
すると、味付けに何をどれくらい使ったのか簡単に把握できるようになります。

薄味にすると、最初は物足りなく感じたり、家族からも不評だったりしますが、それは濃い味付けに慣れてしまっているせいなので、本来は健康にとても悪いことなのです。
ちょっと美味しくないなと思ったとしても、薄味の料理を続けることが大切だと思っています。薄味に慣れてくると、食材そのものの味をしっかりと感じられるようになります。

味見はほどほどに

料理の最中に味見すると、味が薄いような気がして、つい調味料を付け足してしまいがちなのですが、時間が経つとものすごく味が濃くなってしまうものもあります。
また、料理によっては、味が薄いと食べ辛いものもあるので、とりあえず薄味で調理して、出来上がったあとで各自の好みで塩や醤油などを付け足すという方法を取っています。